Complémen’terre
コンプレモンテール
Muscadet sèvre et maine - La Croix Moriceau 2019
ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ ラ・クロワ・モリソー
Complémen’terre
コンプレモンテール
Muscadet sèvre et maine - La Croix Moriceau 2019
ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ ラ・クロワ・モリソー

Complémen’terre
コンプレモンテール Muscadet sèvre et maine - La Croix Moriceau 2019 ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ ラ・クロワ・モリソー


フランス

ロワール

品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ100%

ランドロンの息子さんが作るワイン。  亜硫酸添加量が少ないにも拘わらず安定した品質。  このキュヴェはスタンダードなミュスカデで、  南向きの日当たりの良い畑らしい充実感のある果実味、  シュールリー熟成ならではの厚みのあるうま味がある。

Complémen’terre

コンプレモンテール
マニュエル・ランドロンは、ミュスカデの名手であり、ロワール自然派の先駆として信頼されるドメーヌ・ランドロンの当主・ジョゼフの子息。ドメーヌはマニュエルとマリオンのランドロン夫妻が2013年、ル・パレ村にスタートした。マニュエルはトゥーレーヌのドメーヌのほか、ニュージーランドのフェルトン・ロードや、チリのルイ・アントワーヌ=リュイットなどの自然派生産者の下でも経験を積んだ。約7.7haの自社畑は全てビオロジックで、粘土に変成岩と水晶が豊富。ミュスカデやガメイ以外に、樹齢50年を越える土着品種、フォル・ブランシュ100%のワインも生産する。ミュスカデも、1974年植樹の古木である。ワインは野生酵母のみで発酵させ、醸造中の亜硫酸は添加しない。ミュスカデは、深みあるミネラル感をワインに映すよう、可能な限り長く澱とコンタクトさせる。そのワイン造りは、総じて父のジョゼフよりさらに挑戦的だが、醸造の各段階で分析値を入念に確認しながら進め、安定感も併せ持っている。

*20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。