Cinque Campi
 チンクエ・カンピ IGT Trebbiano dell'Emilia Terbianc 2019 トレッビアーノ・デッレミリア テルビアンク
Cinque Campi
 チンクエ・カンピ IGT Trebbiano dell'Emilia Terbianc 2019 トレッビアーノ・デッレミリア テルビアンク
Cinque Campi
 チンクエ・カンピ IGT Trebbiano dell'Emilia Terbianc 2019 トレッビアーノ・デッレミリア テルビアンク

Cinque Campi
 チンクエ・カンピ IGT Trebbiano dell'Emilia Terbianc 2019 トレッビアーノ・デッレミリア テルビアンク

通常価格 ¥3,300

イタリア

エミリア・ロマーニャ

品種:トレッビアーノ

例年より少しアルコール度数は低く、軽やかな柑橘系の伸びのある香りです。 透明度も高く、軽やかなバランスで造れた、と生産者も満足しているそう。

Cinque Campi

チンクエ・カンピ
ビオロジック栽培や、ビオディナミ調剤の散布だけでなく、一部の畑で不耕起栽培にも挑む情熱的生産者。造り手のヴァンニ・ニッツォリは、レッジョ・エミリア近郊で約200年続く農家の家系。2003年に当主となると同時に自社瓶詰めを開始した。所有する計20haのうち、ブドウ畑は4haで、その他、麦や野菜も栽培。IGPランブルスコ・デッレミリアは、比較的収量の少ないランブルスコ・グラスパロッサ品種を中心に、約10種のランブルスコ品種をブレンドしている。瓶内二次発酵を行っているが、一般的な糖分添加ではなく、同じヴィンテッジのブドウの果汁を冷却してとっておき、一次発酵後にブレンドする。泡は緻密で、ランブルスコ系品種の野性味と酸味をキレイにまとめ上げ、ドライな味わい。アタックからアフターまで、一貫して感じられる味わいの透明感は、赤のスプマンテというスタイルが苦手だった人にも、アピール力が大きいだけでなく、従来のランブルスコ観を覆す革命的な存在である。トレッビアーノによるスプマンテは、自根・樹齢100年以上の古木から生産。ともに醸造時亜硫酸無添加。バルサミコ酢も非常に伝統的な製法で少量生産する。

*20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。