Principiano Ferdinando
プリンチピアーノ・フェルディナンド
Barbera d’Alba - Laura 2017
バルベーラ・ダルバ ラウラ 2017

Principiano Ferdinando プリンチピアーノ・フェルディナンド Barbera d’Alba - Laura 2017 バルベーラ・ダルバ ラウラ 2017


イタリア

ピエモンテ

品種:バルベーラ100%

赤いベリーの軽やかな果実味に、バルベーラらしい芯のある酸。シンプルな佇まいの中に、きめ細やかでなめらかなテクスチュアがあり、後半はじわじわと旨味が上ってくる。素朴だが、上質。日常使いでバルベーラを楽しんで欲しいというプリンチピアーノの気概を感じる。

Principiano Ferdinando
プリンチピアーノ・フェルディナンド
プリンチピアーノ家は、長らく神格化されたバローロ・モンフォルティーノを生む畑、フランチャに接した南西向き、標高350mの偉大なクリュ、ボスカレートを所有する。ランゲでの栽培農家としての歴史は1900年代初頭に遡り、1980年代前後はアルタ-レやスカヴィーノにブドウを供給していた。フェルディナンドは90年代には回転式タンクによるモダン・バローロを手がけたが、2002年以降、最長3ヶ月にも達する長期浸漬と大樽熟成を軸とする伝統的バローロ造りに回帰。同時にビオロジック栽培を開始。現在、主要な畑ではボルドー液や硫黄も使わない。トップ・クリュであり平均樹齢40年を越えるバローロ・ボスカレートは、収量をDOCG法上限の約1/3に抑える。伝統派らしく、いずれのキュヴェもやや薄めの色調ながら、深遠な陰翳と優雅で伸びやかな風味が魅力的。特にバローロの上級キュヴェ2種は、ビロードのような舌触りと妖艶な香気、長大な余韻を持ち、かつての伝統派の巨匠が示したバローロの優品にも劣らぬ魔性に溢れる。思慮深いフェルディナンドは長期的なマーケット醸成という視点から、ベーシックなドゥセットの導入と合理的な価格を実現・維持している。

*20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。